ロゴマーク・コンセプト

〈社名およびマークは商標登録済です〉

「コスモス」=「秋桜」。 これは、春に美しく咲く「桜」が祝いの花ならば、秋に可憐に咲く秋桜コスモスは、人の別れ、なごり、想いを美しく彩る別れの花であると考え、大切な人を心よりお送りさせて頂く真心の象徴として、コスモスをイメージアイキャッチャーとしてまいりました。 そして、このコスモスのイメージを受け継ぎ生まれたこのマーク。 今後、ほくせいが企業として社会的に認知され、地域になくてはならない企業として確立してゆくために、イメージアイキャッチャーだけでは表現しきれなかった、我社の思いをこのマークに込めて、地域の人々へ発信してゆけたらと考えます。そしてこれまで地域の人々へPRしてきた「コスモス=ほくせい」をモチーフに、コスモスの花びらをイメージしマーク化しました。 中央部分の5枚の花びらは、地域の人々との慈愛(慈しみ愛する心)、博愛(全ての人を平等に愛する心)、敬愛(敬い愛する心)、友愛(友として愛する心)、親愛(親しみ愛する心)の5つの愛をテーマに企業としての発展と地域社会との輪、社員の輪、会社の輪、人の輪、心の輪を意味し、組み上げられた曲線は無限に広がる会社の未来を象徴し、大きく羽ばたいてゆく企業姿勢を表しています。 また、マークを彩る色は正式名称を「コスモス色」といい、日本の伝統色と呼ばれる色です。伝統儀礼を大切にしコスモスをイメージアイキャッチャーとするほくせいにとって、最もふさわしい色といえましょう。これまでのコスモスのイメージをより強くアピールするこのマーク。 このマークこそが今後、当社の御旗として地域の人々に、そして地域の企業、官公庁、町内会、病院などあらゆる場面で、限りなく広く浸透し続けることでしょう。

会社概要へ戻る

▲ページの先頭へ