会館案内
ご会葬者の皆様一人一人に故人と最期のお別れをしていただく区切りの儀式として行っていただいております。

別れの盃
昔から再会を予期できない時などには、水をお酒のかわりに相手の杯に入れ、互いに飲み干して別れを意味する盃をかわしました。これを「水盃」といいます。
これと同じように「別れの盃」も古くから日本に残る習慣の一つとして行われてきました。
「別れの盃」とは旅立つ人(亡き人)との永遠の別れを惜しんで、酒を飲む儀式を意味します。
この地方(三重県北勢地方)では今でも「別れの盃」のことを「出酒」「暇乞い酒」と呼んで葬儀の始まる前に儀式として行っています。全国的には「おたち」「出舟の盃」などとも呼ばれています。
そもそも分かれの盃は「食い別れ」の考え方によるもので「食い別れ」とは、亡き人が旅立つ前に永久の別れを惜しんで近親者や友人などが亡き人を囲んで共に会食したのがはじまりだと考えられています。
最近では「食い別れ」をするところはすくなりましたが、現在でも滋賀県や三重県の南勢地方では「別れのまま」「暇乞い飯」「別れの飯」などと呼ばれこの儀式が行われています。「食い別れ」も地域により様々なやり方があり実際にご飯・味噌・野菜をもって向こう三軒両隣の家に配って食べるところもあれば、握りめしを三角に握らずに丸く握って会葬者に振舞うところもあります。また、食器にご飯などの中身は盛らずに、食べるまねをするだけのところもあります。地方により様々な形で行われていますが、現在この地方では、この「食い別れ」の名残で会葬前に食べる食事のことを「非時」といい葬儀の始まる前に近所の方と親戚の者達での食事を行っています。しかし、最近ではこの意味を知る人も少なくなり、「非時」をしないところも増えてきました。
参考文献…「葬儀大辞典」「日本の葬式」「桑名の民俗」「員弁史談」「葬式文化帖」「最近の葬式・墓制」「鈴鹿山麓の民俗」

SoSo文化研究所調べ

伝統儀礼を守り、時代にあったお葬式を目指してー。

故人が生きてきた証として、最後に行う儀式。それが「お葬式」です。私たちは、生まれてから「生誕の儀」「成人式」等、様々な節目に儀式を行いながら、年を重ねて参ります。
「お葬式」という儀式は人生の最後を締めくくる最も大切な儀式と、私どもほくせいは考えています。その大切な儀式だからこそ、故人の為に、そしてご遺族の為に、非日常の空間にお集まり頂いた皆様に心のふれあう“儀式”心のふれあう“時”を大切にした、最期のお別れをしていただきたいと考えております。

折り鶴メッセージ 別れの盃 思いでギャラリー メッセージカード
オリジナル会葬礼状 導きの灯り 生演奏による献奏 オリジナルセレモニー

▲ページの先頭へ